スキーの滑り方

スキーで暴走しがちな初心者が気を付けるべきたった1つのこと【超重要技術】

投稿日:

初心者スキーヤーにとってよくあるミス「暴走」について、原因と解決方法を解説していきます。

誰でも経験があると思いますが、初心者の頃って絶対「暴走」しますよね。

僕も初心者の頃は急斜面になると急にスピードコントロールが効かなくなって、スキー板に操られて滑落していくだけの超危なっかしいスキーヤーでした。

初心者を卒業したレベルでも、「中級コースくらいなら大丈夫だけど、急斜面になると一気にコントロール効かなくなるよ」っていう中級~上級スキーヤーの方も多い印象です。

つまり全スキーヤーにとって共通している課題なんですよね。

ということで、暴走してしまう原因と解決方法について解説していきます。初心者スキーヤーの方に向けて、専門用語や難しい話は無しでお送りいたします!

目次

スキーが暴走してしまう原因とは?

なぜ、あなたは暴走してしまうのでしょうか?

まずは原因を考えていきましょう。暴走しがちな全スキーヤーに共通する原因はたった1つです。

後傾になっているから

はい、これです。体が後ろに傾いている状態のことです。簡単に言うと、体がスキーに付いていけていないんですよね。

春スキーでお馴染み、べちゃべちゃの緩斜面で試してみるとよくわかります。かかと寄りの「後ろ」に体重をかけた状態と、つま先寄りの「前」に体重をかけた状態、どちらの方がスキーが滑りやすいか?これ、スキーが良く滑るのは「後ろ」寄りの姿勢を取っている時なんですね。

急斜面でも同じこと。重心が後ろに乗っているとスキーがぐんぐん進んでいってコントロール出来なくなり「暴走」します。なので「後傾=後ろ寄りのポジション」を真っ先に直しましょう。これが暴走しないための答えです。

それでは矯正するために何を意識すればよいでしょう?

スキーを暴走させないコツ①「ポジション」の大切さ

まずは何よりもポジションが大事!特に前後のポジションが大事になってきます。

正しいポジションを今一度確認しましょう。正しいポジションとは、足首・ひざ・股関節それぞれの関節を適度に曲げたうえで、「足と頭の後ろを結んだ線が斜面に対して垂直」になる姿勢のことです。この時、スネの角度と背中の角度は水平になります。

「ポジションって初めて聞いた!できる気がしない」という方は、その場でジャンプして着地とともにこのポジションが取れるようになるまで練習してみてください。

とにかく!「斜面に対して90度」は絶対のルールなのですが、この姿勢が崩れ、90度以上の角度になったときに後傾と言われます

何よりも大事なのは、どんな急斜面を滑っている中でも、この正しいポジションを貫くことです。あくまでも意識上では「ポジション命!」の認識を常に持っていてください。

スキーを暴走させないコツ②「スネ」と「足の指」

初心者の方ならなおさら、「急斜面でも正しいポジションで滑って!」と言われてもなかなか難しいと思います。普段滑っていないような斜面に出くわすと、やっぱりどうしても腰が引けちゃいますよね…。そうして徐々に体が遅れ、後傾になってしまうんです。

じゃあ、どんな斜面であっても正しいポジションを維持するために何を意識すればよいのか?

ひとつは「スネ」です。両足のすねをブーツの前側に押し当てながら滑りましょう。同時に、足の親指・人差し指で「グッ」とスキーを押さえるイメージで滑ってみてください。

これにより前寄りの前傾姿勢を固定することができるんです。どんなに初見で怖い急斜面でも「前へ前へ」の意識があるとスピードコントロールが容易になるはずです。

スキーを暴走させないコツ③ずらしを多用しよう

さて、ずらしってご存知でしょうか?滑っている中で、スキーが斜面に対してフラットになる時間を多くとることです。つまり、キュンキュン切れのある滑りではなく、下方向に落ちるスペースを多く取って「ズザザザザー」って滑ろうということ。

スキー板の性能ってめちゃめちゃすごくて、スキーのエッジを立てながら滑ると自動でキュイーンとシャープで綺麗なターン弧を描くことができるんですね。ターンの後に振り返って跡(シュプール)を見てみると三日月型になっているはずです。「カービングターン」って呼ばれている上級者御用達の目指すべき滑り方ですが、これ逆に言うと、スピードめっちゃ出る!割と暴走の原因になりやすいです。

ですので、初心者の方はターンの時、半月型の弧を描きましょう。ターンをしながら「ズズズー」っと落下する時間を長く取ればOKです。

ズレズレターンなんて恥ずかし…と思うかもしれませんが、スピードに慣れてきたら徐々にターンが洗練化されて「カービングターン」になっていくので心配いりません。

まとめ

後傾こそが暴走の原因です。スネをブーツに押し当てて、親指を押すことを意識すると、正しいポジションを維持しやすくスピードコントロールがしやすくなります。そして、ずらし!エッジに頼らず、バターを塗るようにスキー板全体で雪面を撫でていくイメージで滑ると暴走しずらいです。

暴走せず、正しいポジションで滑る。これが上達への一番の近道です!早速ゲレンデに出て練習しましょう。

-スキーの滑り方

Copyright© THE SNOW PEAK LOVER , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.