スキーの滑り方

スキー技術徹底図解!体重移動(重心移動)をマスターしよう

投稿日:

スキーにおける体重移動についてイラストを交えて解説していきます。

あなたは滑っているときの体重移動を意識していますか?

正直、別に意識しなくてもなんとなくで出来るよ!という方も多いと思います。でも、正しい体重移動の仕方について知っていると、より効率的にスキーを動かすことができます。そして、より綺麗なフォームで滑ることができるんです!上達するうえでかなり重要なポイントなのでしっかり押さえておきましょう。

超基本ルール:立つ位置はスキーの「真ん中」

まずは基礎的なお話です。なんとなく分かると思いますが、まっすぐ立ったときに自分の体重が乗るポイントはスキーの真ん中、です。いや、真ん中って具体的にどこよ?って思いますよね。多くの雑誌などでは以下のように定義されています。

・左右のバランスでは、両足に履いたスキーの間に体重がかかる
・前後のバランスでは、両足の土踏まずに体重がかかる

つまり、スキーの真ん中+足の真ん中。ど真ん中に乗ることこそがスキーにおいては鉄則なのです!そして、左右と前後(横と縦)、2つの軸があって、どちらの方向にも体重移動が重要であることも覚えておいてください!

左右方向の体重移動

まずはじめに、横方向のバランスと体重移動について見ていきましょう。スキーでは基本的に滑っている間はずっと体を動かしていくことになります。まずはバランスの良い立ち姿勢について確認し、最後に具体的な体重移動のやり方について見ていきましょう。

左右でバランスの良い姿勢って?

まずは、普通に立っている状況を想像してみてください。

基本的に、両スキーの真ん中(間)に体重が乗るイメージで滑りましょう!という話をしました。つまり、真上から自分を見たときに、頭が両スキーの間にあると良いポジションと言えます。まずは、これが基本です。

それではここで、もう少し細かく見てみましょう!

滑っている間は、斜面の角度に合わせてスキーの角度も変わります。そんな中では、スキーの面に対して体が垂直になる位置に立つことが大事です。スキーに角度が付くと体も合わせて傾いていくイメージですね。これが基本です。

スピードが出ると体重移動も大きくなる!

次に、ターン中での「スピードと体の関係」についてみていきましょう!ターンでは、スピードが出ることによって体の傾き、つまり体重移動が必要になってきます。

例えば、バイクとか自転車も同じこと。猛スピードでカーブに差し掛かるときって、グーッと体を内側に倒しませんか?これって、スピードが上がるほど、外へ外へと引っ張ってくる「遠心力(外力)」が大きくなっていることを意味しています。この遠心力に対応するために、内側への傾きが必要なんです。ちょうど、外側へ向かう力(遠心力)と、内側へ向かう力(重心移動)が釣り合っている状態です。

ですので、斜面の角度が急でスピードが出れば出るほど左右に大きく傾く=左右の体重移動の量が大きくなるってわけです。

ちなみに、体の傾きを覚えた後で綺麗なターンに仕上げていくためには「外向傾」を勉強しましょう!

ターン中の体重移動のやり方は?

最後に具体的な体重移動のやり方を見ていきましょう!ここでは、体重移動の大きな「大回り」を例にとってみます。

①ターンするタイミングで体を斜め下方向に落とし込む

「そろそろターンしようかなー」というタイミングで、自分の体をターン内側(斜め下方向)に落としていきます。そしてエッジを雪に食い込ませてターンします。体を下方向へ落とすように重心を移動させることで、シッカリとした足場ができてターンの安定感が変わってきます。

②ニュートラルポジションを通過

ターンが終わったら、ニュートラルポジションを通過します。ちょっと専門用語が登場しましたが、スキー板の面がビタッと雪面にくっついている状態を指します。正しい姿勢(=上から見たときに両スキーの間に頭がある・スキーの角度と体の角度が垂直)を意識しましょう。

③ターンするタイミングで体を斜め下方向に落とし込む

逆のターンも同様です。体を斜め下方向に落とし込んでエッジを立ててターンします。

スキーのターンはひたすらこの①~③の繰り返しです。上から見ると、スキーの通る軌道の内側を頭が通るイメージです。

そして、覚えていますか?斜度が出てスピードが出るほどに体の傾く量が大きくなります!つまり、頭が通る軌道がどんどん内側になって行くんです。体重移動の量でスピードに対応していくイメージですね。

前後方向の体重移動

次に、前後のバランスを見ていきましょう。前後の移動量は、左右方向に比べて小さいです。そのため、足裏のイメージ(つま先・かかと)を変えるくらいで、体ごと大きく動かす必要性はありません。

前後でバランスの良い姿勢って?

大原則として、土踏まずに体重が乗るような姿勢を維持しましょう。スキーの真ん中・さらには足の真ん中の「ド・センター」に乗っているイメージです。前にも後ろにも動きやすいニュートラルな姿勢ですね。

ターン中の体重移動のやり方は?

ターンするときはつま先寄りでターンを始め、土踏まずでターンをして、かかと寄りでターンを終えます。前から後ろに重心が移っていくイメージですね。

具体的には、ターン初めはブーツの中のつま先を下にぐっと押さえる感じです。逆にターン後半はかかとに乗りながら滑って行く感じです。ターンとターンのあいだ(ニュートラル)は土踏まずでセンターに乗った姿勢をキープしましょう。つまり、ターン終わりのかかと寄り姿勢からニュートラルに向けて、体重をグッと前に持ってくるイメージです。

こういった前後方向への体重移動は、あくまでもスキーの性能を活かすために使います。つま先を押さえることで、スキーのトップからスムーズにターンに入ることができ、また、かかと寄りで終わることでスキーに走りが生まれ、グングン推進力を得て滑ることができるんです。

一応注意点として、あくまでも足裏感覚の話です。やりすぎると、つま先寄り過ぎて前傾過多=進まない、かかと寄り過ぎて後傾=コントロールが効かない、とNGパターンになってしまいます。ですので前後動は控えめにやってみてください!

まとめ

体重移動(重心移動)には、横方向と縦方向の2軸があります。

横方向へは、スキーの面に対して垂直に立った姿勢を維持しながら積極的に移動させていきましょう。スピードが出るほど体を内側に倒して外力に対応していきます。縦方向へは、足裏の荷重ポイントを変えていく意識でつま先~かかとまでをフルに活用することでスキーの性能を引き出すことができます。いずれの移動方法も自在に使えるように練習してみてくださいね!

-スキーの滑り方

Copyright© THE SNOW PEAK LOVER , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.